〜眼瞼下垂治療をはじめる前に〜

【99%の人が知らない、眼瞼下垂がもたらす身体への影響】
 

 「肩こり・頭痛の原因がまぶたにあったなんて…」

 そう語る幸子さん(55歳)はひどい肩こりと頭痛持ち。週に3回もマッサージに通っていました。

 マッサージで症状が一時的には軽くなるものの、すぐに後戻りしてしまう…頭痛の検査で「異常なし」

頭痛薬を飲むのが毎日におよび、身体に悪影響がないか不安だったそうです。

 そんな彼女がテレビ番組を観たこときっかけに「まぶたと肩こり」を知り、まぶたの治療を受けることになりました。

そしてあの頑固な肩こり・頭痛が改善し、マッサージ通いからも解放されたのでした。

 いったい、幸子さんの身に何が起きたのでしょうか?彼女のまぶたに何があったのでしょうか

彼女のワクワクする嬉しがり驚く表情がいまだに忘れられません。

 大きな変化が起きて喜ぶ彼女をみて、わたし自身もその「謎」に深く興味を覚えたのです。それからまぶたをより追究しはじめました。

 「毎日のまぶたへの負担」があなたの人生にどれほどの損失を与えているか考えたことはありますか?


 

【手術治療の併発症(合併症)は?リスクはないのか?】

 「まぶた手術後3ヶ月です。予想外の経過でとまどっています。受ける前に金沢先生のホームページに出会っていたかったです。

いろいろ調べる中でこのホームページにたどり着きました。そしてこの講座を拝読し、自分の状態と照らし合わせ、なるほどこういうことにもなりうるものなのかと納得した次第です。」

 すでに他院でまぶた治療を受けたゆうこさん(52歳)。

修正手術で無事に経過しましたが、あらかじめ知っておくべき情報があることを思い知らされたのでした。

 私には「このような不幸を少しでも減らしたい」との願いがあります。あらかじめ心の準備ができるだけで、これほど深く思い悩む必要がなくなるのです。

【医療現場における説明の問題点】


 「インフォームドコンセント:説明と同意」という大義名分のもと、あまりの多くの問診事項、説明する事柄を浴びせられます。

消化不良の状態で治療をするかどうか選択を迫られます。あなたは携帯電話の契約、理解していますか?帰宅したら何も覚えていないというのが現実ですよね。

【以下のような人にこの完全ガイドをオススメします】

 

  • 「肩こり・頭痛がひどく、いろいろためしてもムダだった…」という人
  • 「冷静にまぶた治療のリスクとメリットを評価したいが、ネット上での情報収集に疲れた…」と思っている人  
  • 実際の担当医探しに困っている人

 何よりも、これらの情報を知らずに手術治療に挑むのはリスクが大きすぎると言っても過言ではありません。

【完全ガイドを取得して、より安全な治療の選択を】

以下の項目について解説します。治療が必要かどうか、自分で判断できるようになります。4日間かけて配信します。十分に理解する時間を用意しました。

  • 眼瞼下垂症手術の効果とは?
  • 自分は本当に眼瞼下垂症なのか?自分で診断
  • 思い立ってから、手術にたどり着くまでの道のり
  • ダウンタイムを最小にする3つのこと
  • 把握しておくべき、眼瞼下垂症の併発症(合併症)・リスクについての情報
  • 間違いのない担当医(執刀医)の選び方

【講師の個人的体験や解釈】

 講師である金沢の個人的な体験、解釈や裏話を盛り込んでいます。

「金沢はなぜ自ら眼瞼下垂症手術を受けようと思ったのか?」
「他院ではどんなトラブルが起きているか?」

【担当医(執刀医)の選び方】

 公開ページでは記載できないナイーブな情報です。しかしながら一番大事な情報。担当医の選択を間違ったら、その後の治療はすべて台無しになります。間違いのない選び方をお伝えします。

ただしこの内容はあなたの心の中にしまっておいてください。これが広まるとよい医師に患者さんが集まり、予約が取れなくなるなど社会的視点で見ても害が大きくなります。

複数のドクター

【完全ガイド受講料】

 この講座の受講料は無料です。

 診療所の外来では語りつくせない(説明しきれない)内容。時間をかけて勉強すれば、医師の説明がよりわかりやすくなり、また自分の症状を伝えやすくなります。

 まぶたの相談がより有意義なものになるのは間違いありません。

 このLINE講座は独学で手作りで作成しています。扱いに不慣れな部分もあり、ご迷惑をおかけする可能性もありますがご容赦ください。

【今だけの特典、当ウェブサイト非公開の症例写真を提示】

「手術後帰宅してから突然まぶたが青く腫れてきた…」これは術後血腫です。

この患者さんの経過はどうなったのか?その経過をお見せします。しかしプライバシー保護の観点から、拡散を防ぐ目的で普段は非公開にしている情報です。

その他ウェブサイトでパスワード保護しているページのパスワードも含まれます。

※あくまで患者さんの厚意によるものです。したがって患者さんのご意向や倫理的配慮により、明日から提示を中止する可能性もあります。​

【講師紹介】

眼瞼下垂治療に特化した形成外科専門医 金沢雄一郎

1993年 埼玉県立浦和高校卒業
1999年 新潟大学医学部を卒業後、千葉大学形成外科学教室へ入局
2008年 千葉大学大学院医学薬学府で博士号(医学)取得

まぶたに関する学術発表・論文発表は30個以上。
具体的なプロフィールはこちら

実績

【受講資格】


本ガイドを取得するにあたり、下記の項目をクリアされていることが条件になります。あらかじめご了承ください。

  1. 「医療の不確実性」(診断や治療結果に100%は無いということ。必ずしもシナリオ通りに行くとは限らないこと)を理解している
  2. 「人の顔つきにはもともと左右差がある」ということを理解している


本日は軽めの内容。明日から本格的な内容になります。

 

「眼瞼下垂治療完全ガイド」


<受講登録はLINEから!>

↓↓↓

 

※PCからLINE登録される方へ:登録方法はQRコードを読み取って友だち追加 >>
スマートフォンの場合は上記の[友だち追加]ボタンを押してください。

 

なお、LINEは使用していないという方にはメール版をご案内します。

 

受講者さんの声 1

これから治療を受けるにあたりとても参考になりました。自分がオペ適応になるのかはわかりませんが、ひとまず受診してみようかなと勇気がわいてきました。先生が運営されているまぶたのお医者さんのHPに書かれている事がほとんどなのですが、時系列でメールが配信されるのでイメージしやすかったです。 申込む前に先生のHPを何日もかけて熟読しましたが、先に講座を読めば全部自分の不安が解消されていたのになぁと、ちょっと後悔しています。是非しのごの言わずに配信受けたらそれでいいんです!くらいのアピールをしていただけないでしょうか?よろしくお願いします(笑)

受講者さんの声 2

眼瞼下垂を調べているうちに、最初に金沢先生の手術体験記にヒットしました。そこからまぶたのお医者さんのサイトを知り、今に至ります。 近県で信頼できる病院を探そうとしましたが、ここまで親切にわかりやすく説明している病院は見つけられませんでした。 先生のお顔も拝見できましたし、わかりやすい講座も受講できました。